台湾桃園国際空港は台湾最大の空の玄関口からは電車・バス・タクシーなどがあります。

 

簡単な目安になる時間や金額を説明いたします。

旅行会社ツアー参加者

旅行会社ツアーの方は税関を過ぎて到着ロビーでの待ち合わせが多く、ロビー周辺には旅行会社のガイドさん達がプラカードを持っていますので参加旅行会社プラカードを探せばOKです。(こちらは初めて行かれる方でも迷うことはありません)

電車での行き方

2017年3月に開通したMRT桃園空港線(桃園捷運機場線)が台北駅から桃園国際空港第1ターミナルまで快速で35分で第2ターミナルまで37分の所要時間で到着するので、バスとタクシーだと朝夕の混雑の時は非常に時間が見えないので、余裕を見た時間が必要ですが電車だとスムーズにスケジュールを計画出来るので便利です。(運航間隔は15分おき)

2017011201

MRTは観光客を考えた設計なのでスーツケース設置場所や無料Wi-Fiサービスなど旅行者に便利なサービスを提供しています。

 

運賃は片道160元で乗車できます。

 

さらに便利になったのがチャイナエアライン(マンダリン航空含む)とエバー航空(ユニエア含む)利用者はMRT台北駅での事前搭乗手続も可能となり空港に手ぶらで行けるので大きな荷物の時などは便利。

但し早朝・深夜(23時以降~6時まで)は運行されていないので、早朝深夜の利用の方で最近はLCC航空会社の利用者が増えて早朝・深夜の利用者が急増で多いので、LCCを利用される方はMRTの利用は出来ないのでバスかタクシーとなります。

時刻表はMRT公式サイトを参照

●桃園国際空港発

●MRT台北発

桃園国際空港公式サイトでも詳しく出ています。

 

 

台湾桃園国際空港から台北市内に行く方法【バス・タクシー編】



台湾ランキング