森伊蔵の名称由来

現在の森伊蔵のラベルを見るとかめ壷焼酎森伊蔵と記載してますが、むかしからのさつまいもをかめ壷でじっくり熟成発酵させた焼酎で、初代のから継承した技でまろやかで甘味のある味で、森伊蔵が自慢する焼酎です。
名前の由来は4代目の名前らしいです。
森伊蔵の特徴は
鹿児島産の有機栽培サツマイモを原料で、昔ながらのかめ壷で造り、まろやかな味と臭みがなく『幻の焼酎』と言われています。
この森伊蔵が大好きな人が、フランスのシラク元大統領です。
このブランド『幻の焼酎』森伊蔵は定価で購入しようとしても手に入らないプレミア品で、定価が¥3,200が銀座の高級クラブでは15万円で出されていたり、現在ヤフーショッピング・オークションなどでもプレミアプライスで大体¥17,000前後で販売されています。
森伊蔵の有名な話ですが、1999年から電話の受付で抽選販売されていますが購入確率がなんと0.2パーセントとされ、2時間の間に100万本以上の電話が殺到しパンク状態になったほどで有名な話です。
こんな森伊蔵が飲めるのはJALファーストクラスで無料で味わうことが出来るのと購入も出来ますが、購入に関しては一人1本でファーストクラスとビジネスクラスで購入出来ます。

『JAL SHOP』ファーストクラス、ビジネスクラスのお客さま限定商品
森伊蔵 販売のお知らせ

“幻”の焼酎「森伊蔵」を国際線機内にて販売いたします。下記のJAL国際線にてご購入いただけます。ぜひこの機会にお買い求めください。
※お買い求めの際は、客室乗務員までお申し付けください。

〔販売期間〕
2017年3月1日から4月30日

〔販売路線〕
中・長距離路線(欧州線・北米線・ホノルル線・東南アジア線・インド線・オセアニア線)

森伊蔵

<伝統のかめ壺仕込み製法>

薩摩の地で創業約130年の歴史を誇る焼酎の蔵元「森伊蔵酒造」。1988 年の初蔵出しから、高い品質の原料を惜しげもなく使い、極上の味わいを生み出すことにこだわった製法が人気を博し、あっという間に全国に名を知られるようになりました。
昔ながらの「かめ壺仕込み」で、まろやかで旨みのある味わいと洗練された風味のある芋焼酎を丁寧に造り続けています。

森伊蔵(日本産)3,200円
JALカード価格 2,880円

容量:720ml、アルコール度数:25度