桃園国際空港から台北市内へリムジンバスの利用

桃園国際空港から台北市内へリムジンバスは5社あります、國光客運・長榮巴士・大有巴士・建明客運・葛瑪蘭客運がありますが、バス会社によって市内を巡回するコースもあるので余計に約15分~30分は必要なので、どのバスに乗車すればよいか初めての行く人は分からない場合は國光客運に乗車することをお勧めいたします。
 
台北まで所要時間は1時間前後ですが、当然深夜と朝夕の通勤ラッシュの時間は注意が必要
 
料金は125元でリムジンバスの発車間隔は15分~20分毎に運行します。
 
 

桃園国際空港→台北市内への停車バス停留所

  1. 第2→第1ターミナル
  2. 啟聰學校(重慶北路)
  3. 庫倫街口(MRT圓山駅)
  4. 台泥大樓【馬偕醫院】
  5. 國賓飯店(アンバサダーホテル)
  6. 台北火車站東側門公車專用道(台北駅東側門バス専用道路)
LCC航空便で深夜到着の乗車について
 
LCCなどの深夜到着の場合でも安心の24時間営業で運行されているので問題ありません。
 
 
桃園国際空港発(第二ターミナル)の時刻表
00:00、01:15、00:30、00:45、01:00、01:15、01:30、01:50、02:20、03:20、04:20、05:00です。
第一ターミナルは上記時刻から約10分後に発車
 
乗車人数が多く乗れないときは臨時便が出るケースがあります。
 
バス利用で台北駅バス停からホテルまで移動距離があるときはタクシーの利用が良いと思います。
 
 

タクシー利用

タクシー利用は人数が数名の時は人数で割ると意外と安い、台湾のタクシーは日本と比較しても安くで沢山のタクシーがあるので困ることがありません、荷物が沢山あるときはタクシー利用が良いと思います。
しかし西門町あたりで空港までの格安タクシーがいますが無許可タクシー(白タク)なのでおすすめは出来ませんので注意下さい。





台湾桃園国際空港から台北市内に行く方法【電車編】

台湾桃園国際空港から台北市内に行く方法【電車編】


台湾ランキング